HOME > 事業案内 > ファーム

ファーム

KTSの農について ~『ほぼ国産』プロジェクト~

ほぼ国産プロジェクト図解1

目的

全国の耕作放棄地を利用し、「引退した農家の方」や「農業に興味を持つ若者」に協力頂き、地域を限定した「農産物のブランド化」、さらには、「雇用創出」や「地域貢献」を目標に、「生産・加工・販売」までを行う『農業サイクル(「ほぼ国産」プロジェクト)』を目指します。

 

ほぼ国産プロジェクト図解2

拡大表示

ほぼ国産

私達が生産する作物は国産ですが野菜や加工品を包む容器や野菜袋は、石油や天然ガスなどを輸入して作られる為、純粋な国産ではありません。

お客様のお手元に届く商品はパッケージを含むと「ほぼ国産」であると考え、名称のインパクト、面白さからKTS(関西東邦産業株式会社)のブランドとして作成しました。

「ほぼ国産」プロジェクトの『3つの柱』

1 直販

オーガニックな野菜作りを中心に、「こだわりの野菜」を独自流通網で販売しています。

2 イベント・体験

「旬な農作物」の収穫体験を、年間を通して家族で楽しんで頂けるよう計画しています。

3 地域貢献

地元の「幼稚園児や保育園児」を中心に、「種植えから収穫まで」、体験頂いてます。また、この体験を通して食を楽しんでもらい、「食べ物の大切さ」を知ってもらうべく活動しています。

ファーム事業「ほぼ国産プロジェクト」につきましては06-6885-6007(企画部)までお電話下さい。

農場のご案内

久美浜 神河